読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるバイク屋に訴えられた裁判の記録

神奈川県の 某モーターサイクル店について。。

    捗りません。。

    裁判資料のPDFを出力して、個人情報に該当する箇所を墨塗りしてスキャン?撮影?して貼り付けようとしてます。

    実に面倒です。
    ですが、

    akibamc.hatenablog.jp

    「こういうのをBLOGで書くのは一回きりにしたいですね。
    色々とAを応援してくれた方達、相談に乗ってくれた方達、心配して下さった方達。。。
    そんな方々へのご報告も兼ねて、ちょっと迷いましたが書きますね。

     

    ネガティブキャンペーンな所もありますが、今回ばかりは気にしないでください。」

     

    一回きりにしたいと言いつつ、

    ネガティブキャンペーンを宣言した上での罵詈雑言。


    それを、

    敢えて和解調停が締結された後に出されたということは、
    「まだやるぞ」という宣戦布告にも受け取れました。

    一応こちらも、先方代理人を介して真意を確認しました。
    その際、先方弁護士は、記事は削除すべきと注進したようです。


    するとA氏は、「削除するつもりはない」と拒絶したとのこと。

     

    お前は旧ソ連かと。

    北方領土侵攻かと。

    裁判の和解はヤルタ会談の密約かと。(笑)


    ここで踏ん張らないと、戦後70年経っても不利なままの立場かと思うと、
    面倒でもやっとかないとな、そう思います。


    何の為?

    自問しますし、業界の重鎮的方からも、「そのうち自滅するからほっておけ」とのメッセージを頂きました。

     

    他にも、

    今後A氏がS1000RRに関わらず、バイクの整備に関わることによりミスが発生し、客が泣き寝入りしたとしても、更にはミスの所為で死んだとしても、

    お前には関係ないだろう?


    そういう方も居ます。

     

    確かに、そうなんですよね。

    この件を聞き及んで「私もこんなことが有った」と情報をくれた面識のない被害者もいましたが、

    彼らは既に「悪いことは言わん。あの店はやめとけ。」と身近な友人には忠告していました。
    勿論、私自身もそうしています。

    なので、これ以上「身近」に被害者が拡大することは無いわけですし、放置という選択もあるわけですよね。

    なにしろ、「自分の時間と労力を、救う価値も無いバイク屋に費やすな」、と。。


    ・・・その通りです。

    ですが、もう少し、時間を見つけて、作業するつもりです。。

    「バカだなあ」

    と言われると思います。

    ですが、最後は、もしかしたら丸く収まるかもしれない・・・?
    そんな淡い期待を持ちつつ。


    暫しお待ちください。