読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるバイク屋に訴えられた裁判の記録

神奈川県の 某モーターサイクル店について。。

    S1000RR裁判。A氏口頭弁論その2 H28年10月12日

    続きです。

    A氏口頭弁論、議事録のP13からになります。

    私の弁護人が、証言台のA氏に質問をします。

    オレンジが弁護人。緑がA氏。

     

    f:id:Cult99:20170130134905j:plain

    【要約】

    ・被告からは、オーバースピードでコントロール不能になり転倒したと聞いた。

    ・それ以外は聞いていない。

    ・ロックして転倒したと聞いていたら、焼き付きを疑った。

    ・聞いてないので焼き付きを疑わなかったが、オイルロックしていたので疑った。

    ・(そんな状態で引き渡して良いのか?)だから、エンジンの貸し出しを提案した。

    ・それを断られたのだから、本人次第。

     

    f:id:Cult99:20170130134928j:plain

    【要約】

    ・走行中焼きついたら?大きな転倒を起すと思います。

    ・大変な事故になります。

    (そんな可能性が有る車両を返しますか?)

    ・実際エンジンも掛ったし、アイドリングもした。普通は確認のため危険が無いような運転をするものでしょう。

    ・焼き付きは疑っていたけど、本人が必要ないと言ったから、渡したまでだ。

    ・焼き付いて転倒するかもしれないが、本人がそれで良いと言ったから仕方ない。

     

    【解説】

    A氏から「焼き付いてるかも知れない」と言われていたなら、その後乗る乗らないの責任は私にあるのでしょう。

    それでも、Tメカは、焼き付きの疑いが有る車両を、そのままライダーに乗せるようなことはあり得ないと言ってましたが。

    akibamc.hatenablog.jp

     

    それにしても重要証言です。

    「転倒時、リアがロックしていたと聞いていたら、焼き付きを疑った。」

    ですって。。

    言った言わない?になるのでしょうか。

     

    走る。曲がる。止まる。 - FC2 BLOG パスワード認証

    (パスはS1000RR)

     

    A氏に修理依頼する時は、全て文章化して内容証明で送るか、Webにアップして保管しておくべきです。

    さらに、

    「ロックしたとは聞いていないが、オイルロックしていたから、焼き付きを疑った。」

    と言いだしました。

     

    k26racing.blog.fc2.com

     A氏のコメントタイトル
    「エンジンが焼き付いて居るとは思わなかった判断 」

    とあります。

    ・・・「焼き付きを疑ったが、焼き付いてるとは思わなかった。」

    うーん。

     

    焼き付きを疑ったから、エンジンを貸し出すと言った、

    と証言していましたが、

    焼き付いているとは思わなかった、

    とも言っています。

    二枚舌?二転三転?陽動作戦??

    ・・・疲れます。

     

     

    f:id:Cult99:20170130134936j:plain

    【要約】

    ・エンジンが掛っていても焼き付きが無いとの判断はしない

    ・時間がないから確認しなかった

    ・他の修理が多かったからエンジンには手が回らない。優先順位の問題だ

    ・元々エンジン修理は受けていない

    ・だから、積み替えを提案した

     

    【解説】

    上にある当時のA氏のコメント

    ーーー

    もし立派に焼き付いたりしていればそんなことしてる間に超低負荷のアイドリングなんてすぐ不安定になるし下手すりゃストールしてその場で不動になる
    でもその時は安定してアイドリングしていた。

    ーーー

    言う事が都度変わるので、どんどん自己矛盾します。
    その他の点は、もういいでしょう。

     

    f:id:Cult99:20170130134953j:plain

    【要約】

    ・引き渡し時に異音は無かった

    ・動画での異音は認める

    ・引き渡して動画を取る間に、異音が発生する運転をしたのではないか

    ・(送風機も使わず)エンジンはチェックした

     

    【解説】

    なんでこんな人間にバイクを預けてしまったのだろう、としか思えません。

     

    f:id:Cult99:20170130135006j:plain

    【要約】

    ・レース以前から焼き付きの症状が発生していた可能性が高いというTメカの指摘を認める

    ・だが、見落としたのではない

    ・いや、見落としたのではなく、チェックできないから、エンジン載せ換えを提案した。

    ・レースで走行可能になりました、とは、エンジンに関しては当てはまらない

    ・エンジンは後から出た話し。エンジン以外は修理しました、エンジンはライダーに委ねた

     

    【解説】

    A氏に近い方は、ご本人に解説してもらってください。

     

    f:id:Cult99:20170130135018j:plain

    【要約】

    ・ブログはチェックしていたが、内容に対して抗議などしていない

    ・削除依頼や請求もしていない。

    ・資料として取っておいて、裁判の資料の為に取っておいた。

     

    【解説】

    何というか。最初から、名誉棄損の賠償請求が狙いだったのでしょうね。

    サブマリン訴訟でしたか?特許侵害に気付いても、ずっと寝かしておいて、

    損害額が巨大になって、保障額を釣り上げてから、裁判を起こすやり方。

     

    それでしょうか。
    A氏は、プロはプロでも裁判のプロか。

    本当に名誉が棄損される記事で、実害も出ているなら、すぐ削除の為のアクションを起こしますよね普通。
    本当に、普通の基準では理解できません。

    続いて、ちょと話しが逸れます。


    Sさんの話を私の弁護人がした時。

    裁判官が割って入りました。赤のアンダーラインが裁判官の発言です。

     

    f:id:Cult99:20170130135058j:plain

    【解説】

    裁判官にとって、Sさんが体験した「様々なトラブル」はトラブルではない、との判断です。

    つまり、Sさんは、「泣き寝入り」したから。

    Aモーターサイクルに、乗りこむとか、苦情を手紙で書くとか、訴状を送るとか、していないから。

    「トラブル」とは、そうした「利害衝突などが行動を伴って証明できるもの」があって初めて、

    「ああ、トラブルが有ったねえ」と、認められるのです。

     

    幾ら整備ミスが有ったとしても、A氏からは「それなら、どうしてその時訴えない?」と言われてしまった件ですね。

    とても勉強になります。A氏は頭の良い方ですよ。

     

    あと少しです。

     

    f:id:Cult99:20170130135119j:plain

     

    f:id:Cult99:20170130135123j:plain

    【要約】

    ・リアサスシャフト脱落の原因は、第三者のせいだろう

    ・ネジロック?写真じゃわからない

    ・もし、引き渡し時に異音がしていたら、焼き付きを疑っていたら、それは被告に説明する筈だ

    ・危険なエンジンをそのままで、渡すことは考えられない

     

    【解説】

    リアサスは、あくまでも誰かの所為。

    エンジンの異音についてはしらない。

    焼き付きを疑っていたら、そのまま渡すことはない。

     

    ・・・え?

    ついさっき、

    ・焼き付きは疑っていたけど、本人が必要ないと言ったから、渡したまでだ。

    ・焼き付いて転倒するかもしれないが、本人がそれで良いと言ったから仕方ない。

    と、証言しましたよね???

     

    エンジンについてのA氏の見解。

    ちょっと纏めます。

     

    ・レースに出られるよう修理した。

     ・その為の修理にエンジンは含まれない。

    ・ロックしたと聞いていたら、焼き付きを疑った。

    ・引き渡しの時には焼き付きは無かった。

    ・オイルロックしてたから焼き付きを疑った。

    ・疑いが有るからエンジン積み替えを提案した。でも断られた。

    ・本人がエンジンを確認すると言ったから引き渡した。

    ・エンジンが掛るから焼き付きを疑わなかった

    ・焼き付きの疑いが有れば引き渡すことはない。

    ・エンジンが掛ったからと言って焼き付きが無いわけではない

     

    ・・・纏められません。

     たった、この数十分の証言の中でも、ここまで矛盾した発言を重ねてしまう。

    論理破綻というレベルじゃない。

    何らかの錯誤を起こしているのでしょうか?


    「裁判になれておらず、緊張してしまったから」

     

    とでも言い訳するのでしょうか。

    直ぐ、他店などトラブルの相手を「訴える」と脅す常習者?が?

     

    https://complex7.com/wp-content/uploads/2014/01/dfa249b8.jpg

    ですが、A氏が汗だくで話す、その姿を目の当たりにして、

    「もうこの辺で許してやれよ」

    という気持ちが湧いてきました。

     

    こんな男に、これ以上時間を費やすことはないだろう、とも。

     

    ・・・私が訴えられたんですけどね。

    続きます。最後は、私こと、被告側口頭弁論。

     

    もう疲れちゃってますが、やりきります。もう少しだけ、お付き合いください。