読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるバイク屋に訴えられた裁判の記録

神奈川県の 某モーターサイクル店について。。

    今更ですが

    裁判の件ではないのですが。

    今日発覚したことですし、裁判とかは考えていませんので、「トラブル」には発展しないのですが。

    以前、A氏に作業をお願いした、ブレーキキャリパーにクイックカプラーを介したうえで、ブレーキホースを作って頂いた件なのですが、

    ミリピッチのキャリパーに無理やりインチピッチのカプラーをねじ込んでいたことが分かりました。

     

    f:id:Cult99:20170205163931j:image

    こちらは現在の取り回しです。

    A氏に作って頂いたフィッティングとホースの取り回しが気に入らなかったため、自分でジョイントを噛ませて角度を変えていました。


    その作業時には気が付かなかったのですが。。

    今日たまたま別のバイク屋さんに伺った際、当初の取り回しの是非について意見を伺ったところ、

    カプラーのオス側はインチ。ブレンボのメス側はミリだから合いませんよ。

    と言われました。

    一瞬何を言ってるのか分かりませんでした。

    なぜなら、私が取り外す前は、キャリパーにはダイレクトにカプラーが刺さっていたので。
    ピッチが違うなら、入っていかないのではないか?


    f:id:Cult99:20170205164154j:image

    説明して頂きました。インチとミリのピッチの差。

    これはサンプルとして見せて頂いたフィッティングです。

    外径から異なってしまってます。
    ですが、浅い首下だとネジが入ってしまうと。

    ガタは大きいが、ドレンワッシャーでトルク掛けて締めれば、外見では分からないしすぐ抜けるものでもないようです。

    それなら大丈夫なのかと尋ねると、あり得ない、とのこと。

    フロントブレーキのオイルラインは、最重要項目のはず。
    すぐ自分で替えておいて良かったと思いつつ、さもありなん、と思った次第。

    これは何年も前の作業なので、「ミリとインチの違いによるリスクは説明した」とか「後で自分でやった」と言われてしまうかもしれませんが…。


    この工賃は勿論お支払い済みです。

    A氏が関わった箇所は全て潰してあるので、もう出てこないとは思いますが…。

    以上