読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるバイク屋に訴えられた裁判の記録

神奈川県の 某モーターサイクル店について。。

    一つ飛ばしてました。自分の陳述書です。H28年9月14日

    プロの方々からいただいた陳述書と共に、私自身の言い分を記したものを提出していました。

    長いです。

    内容については、これまでこのブログで述べてきた事と重複しますので、

    特に要約はしません。

     

    本旨は、これまで何度も書きましたが、

     

    「レースに出られるように直して欲しい」

    「分かったやってみる」

    「できたよ」

    「有難う~」

    ・・・

    「直ってなかったから走れなかったし」

    「直した、エンジン問題もなかった、自分で壊しただろ」

    「焼き付いてたし」

    「知らない。予選で走っただろ」

    「エンジンおかしかったし」

    「エンジン直せとは言われていない、そんなの2日じゃ直せない」

    「・・・え?」

    「そもそもお前がおいらのレース前にギャーギャー言うから集中できなかったじゃねーか」

    「・・・え?」

    「ほら請求書。金払え」

    「いやだ。部品代は払うが。直ってなかったんだし」

    「よし裁判で訴える、ついでに名誉棄損や損害賠償も乗っけて5倍マシだ!」

    「・・・え?」

     

    という出来事に対する(コレだけではありませんが)、

    私の想いを綴ったものです。

     

    御関心お持ちいただけるのであれば、お目を御通し下さい。


    f:id:Cult99:20170102001954j:image

     


    f:id:Cult99:20170102002002j:image

     


    f:id:Cult99:20170102002009j:image

     


    f:id:Cult99:20170102002017j:image

     


    f:id:Cult99:20170102002028j:image

     


    f:id:Cult99:20170102002043j:image

     


    f:id:Cult99:20170102002048j:image